SDSコートティング液剤:超微粒子技術で開発した水晶の分子融合ナノ粒子液剤

マリン コート(Marine Coat)

  • HOME »
  • マリン コート(Marine Coat)

marineSDS船舶と船体コートは薄い2つの溶液で、そして、透明で、とても滑らかです。より良い燃費と管理費の減少、簡単な掃除を提供する。大部分の海洋草フジツボとカラスガイの成長を金属船とボート外壁に防止するクォーツの、農薬と重金属を含まないコーティングであります。
すべての鉄や金属外壁又は非鉄金属水中駆動装置(例えばプロペラ、舵、シャフト、支柱と整ったタブ)に使用出来ます。
SDS船舶と船体コートは、コンクリート池での液体の浸出を防止するのを助け、パイプやタンクのための非常に効果的コーティングでもあります。パイプラインでの液体の動きを潤滑にし、光熱費の削減が出来ます。
大部分の海洋生長物が表面に付くのを妨げます。
(木製ボートの使用のためにでない)。

使用可能な表面
すべての水中の非鉄金属 塗られた鋼外壁とコンクリート
コーティング効果
腐食、海洋生長物、エネルギー効率と環境破壊。
特質
色彩 透明、アンバーからローズ(湿気と気温により色は変わる)。乾燥すると透明に成ります。光沢上がりのみ。
仕上がり グロース(光沢)、サテン(反光沢)
媒体タイプ 油性
引火点 25度C(C ペンスキーマーチン密閉式試験管)
VOC 発揮性有機化合物 100g・1リットル位下
重量(ガロン) 7.36ポンド(3.35kg)
通気性 無し
にじみ率
液状態 0.05-0.0625ミリメーター
乾燥状態 0.0175-0.0438ミリメーター

※2回目のコートは、最初のコーテイングが生渇き(調度、触るとくっつく感じ)の上に塗ることが可能です。

塗装範囲
1ガロンの塗装範囲:500-800平方フィート(55.5-73.5平方メートル)
塗装範囲はその素材や、素材の性格により変わります。
下地処理
鋼の外壁:
ベース板の裸の鋼に達するまで、業務用 Blast Clean SSPC-SP-10でサンドブラストするか、すべての既存のペンキをすり取ってください。
メーカーの指示通りに船舶用下塗りで外壁を塗り直してください。SDS船舶と船体コートは、再度の塗料の場合、下塗りの上に適用されるか、下塗りペンキ製造会社によって支持された時間枠で再塗装する必要があります。
この時間枠の中で、SDS船舶と船体コートを適用しないならば、それから、保証出来るよい付着を成し遂げるために#220の砂粒で外壁を機械的にすり減らさなければなりません、これはコーティングが剥離するのを防ぎます。
それから、タックの上で直接SDS船舶と船体コートの2回のコートを塗り表面の湿気に適用します。
最初のコートがまだ完全に乾かない内に、2回目のコートは15分以内に塗る必要があります.
最初のコートが乾いた場合、24時間待ち、最低220枚の砂紙やすりでサンドを掛け2回目のコートを塗ってください。
サンドを掛けなければ2回目のコートは剥離します。
試験結果
アメリカ材料試験協会(ASTM)D-1654-08促進耐候性摘発テスト 1000時間:10・10
アメリカ材料試験協会(ASTM)D-5894-10塗料済金属面の周期的塩霧紫外線露光テスト 1000時間:10・10
アメリカ材料試験協会(ASTM)D-714-02(09)コーティングの酷熱テスト 1000時間:10・10
アメリカ材料試験協会(ASTM)D-610-08塗料済金属面の発錆テスト 1000時間:10・10
アメリカ材料試験協会(ASTM)D-3363コーティングのテーバー硬度テスト 平均39.11
アメリカ材料試験協会(ASTM)D-2803-03手順B(ISO 4623)腐食&糸状態 1000時間、腐食&糸状態は無し。

*歩く表面に対しての静摩擦係数は其々のテストを行うことが必要です。

お気軽にお問合せください。 TEL 03 ( 3516 ) 1181 受付時間10:00〜17:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
seihinanzen
sds_tokucho
sds_seko
  • facebook
sds_america
PAGETOP
Copyright © SDS PRODUCTS JAPAN Co.,Ltd All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.