SDSコートティング液剤:超微粒子技術で開発した水晶の分子融合ナノ粒子液剤

金属コート(Metal Coat)

  • HOME »
  • 金属コート(Metal Coat)

SDS METAL COAT(金属用コート)

metalSDS METAL COAT は、水晶分子コーテイングで構成されており全ての金属面に使用でき ます。この金属用コーテイングは剥がれず、フレーク状に成らない、長期のバリアを構 成するデザインに成っており錆、湿気、腐食、潮風、酸性雨、UV 障害、酸化、電解腐 食、鳥獣類等の糞、ガム、落書き及び凍結等から透明な防御コーテイングで防御します。 SDS METAL COAは、グロース及びサテン仕上げが有り表面を防御する分子融合による コーテイング剤です。分子融合の為に、半永久的に防御力が有ります。

使用可能な表面
全ての鉄 鋼金 アルミニウム
亜鉛メッキ鋼 真鋳
青銅 粉体塗装鉄等 -
コーティング効果
錆防止、腐食防止、潮風防止、酸性雨防止、UV 障害防止、酸化防止、電解腐食防止、 鳥獣類等の糞防止、軽い酸防止、落書き防止、潮風防止、海水防止等に使用できる。
特質
色彩 透明、アンバーからローズ(湿気と気温により色は変わる)。乾燥すると透明 に成ります。光沢上がりのみ。
仕上がり グロース(光沢)、サテン(反光沢)
臭気 マイルド
媒体タイプ 油性
引火点 25度C(Cペンスキーマーチン密閉式試験管)
VOC 発揮性有機化合物 100g・1リットル位下
重量(ガロン) 7.36ポンド(3.35kg)
通気性 無し
その他 *パート#Bの触媒液が必要です
にじみ率
(1回のコーテイングに勧めるにじみ率:ニス及びウレタンコーテイング上)
液状態  0.05‐0.0625 ミリメーター
乾燥状態 0.0175‐0.0438 ミリメーター
塗装範囲
1 ガロンの塗装範囲:640-­‐800 平方フィート(59‐73.5 平方メートル) 塗装範囲はその素材や、素材の性格により変わります。
下地処理
表面は必ずクリーンアップされており、湿気 13%以下の乾燥されたベストな状態で有 る事。錆、破片、油、塵などは全て取り除いてください。熱間圧延鋼材はサンドブラス テイングやグラインデイングにより 100%の鉱滓を取り除き、コーテイングが速やかに 付着する様に準備する事。白い布などで表面を拭き汚れが取れるまで繰り返す事が必須 です。まず錆止め用のプライマーを塗り、乾いたら最初のコーテイングを塗ってくださ い。プライマーが完全に乾く事と、コーテイングを塗るタイミングは、プライマーの使 用方法に従いコーテイングを塗ってください。新しいものに対しては、#220 の紙やす りかスチールウール#000 で表面を万遍なく軽く擦り、タック布でクリーンにしてから コーテイングを塗ってください。コーテイングは 2 度する必要が有り、2 度目のコーテ イングは 15 分以内にする事、タイミングを正確にしないとミクロの穴は埋まれずそこ から錆が発生する事が有ります。
プライマーやペンキが塗られている古い鉄板や鋼板
ペンキやプライマーの状態を良く調べ、剥離、破傷などが有るか及び接着性は保持して いるか判断して、表面の補正が必要な場合、再度ペンキを塗る必要が有った場合は、コ ーテイングを塗る前にペンキが完全に乾く事が必須です。表面は#220 の紙やすりで軽 くサンドを掛けタック布で良く細塵を取り除き1度のコーテイングを塗ってください。
アルミニウム、銅、真鋳、青銅、亜鉛メッキ鋼、ステンレス
表面全体が完璧にクリーンアップで有る事、水で全ての汚れを流す事。コーテイングが 速やかに付着する様に準備する事。白い布などで表面を拭き汚れが取れるまで繰り返す 事が必須です。コーテイングは 1 度だけ塗ってください。
粉体塗装鉄
表面を検査し粉体塗装に裂け目などが無いか、もし亀裂などが有った場合は同じ粉体塗 装を施してください。表面全体が完璧にクリーンアップして有る事、水で全ての汚れを 流す事。油性クリーナーは使わないでください。コーテイングは 1 度だけ塗ってくださ い。
試験結果
アメリカ材料試験協会(ASTM)D-­‐1654-­‐08 促進耐候性摘発テスト 1000 時間:10・10
アメリカ材料試験協会(ASTM)D-­‐5894-­‐10 塗料済金属面の周期的塩霧紫外線露光テスト 1000 時間:10・10
アメリカ材料試験協会(ASTM)D-­‐714-­‐02(09)コーテイングの酷熱テスト 1000 時間:10・10
アメリカ材料試験協会(ASTM)D-­‐610-­‐08 塗料済金属面の発錆テスト 1000 時間:10・10
アメリカ材料試験協会(ASTM)D-­‐3363 コーテイングのテーバー硬度テスト 平均 39.11
アメリカ材料試験協会(ASTM)D-­‐2803-­‐03 手順 B(ISO4623)腐食&糸状態 1000 時間、腐食&糸状態は無し。

*歩く表面に対しての静摩擦係数は其々のテストを行うことが必要です。

お気軽にお問合せください。 TEL 03 ( 3516 ) 1181 受付時間10:00〜17:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
seihinanzen
sds_tokucho
sds_seko
  • facebook
sds_america
PAGETOP
Copyright © SDS PRODUCTS JAPAN Co.,Ltd All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.