SDSコートティング液剤:超微粒子技術で開発した水晶の分子融合ナノ粒子液剤

コンクリートコート(Concrete Coat)

  • HOME »
  • コンクリートコート(Concrete Coat)

SDS Concrete Coat (コンクリート用コート)

concreteSDS CONCRETE COAT は、破壊力の有る水、塩化物侵入、酸、鳥獣類等の糞、塩分、ガム、 落書き等から透明な防御コーテイングで防御します。スムースなコンクリート面、ブロ ック面、塗料されている面、タイル面、石塀、壁などの表面を防御する分子融合による コーテイング剤です。分子融合の為に、半永久的に防御力が有ります。

使用可能な表面
コンクリート壁&建築物 コンクリート床 煉瓦
ブロック タイル等 -
コーティング効果
湿気防止、シミ防止、軽い酸防止、落書き、鳥獣類の糞防止等。
特質
色彩 透明、アンバーからローズ(湿気と気温により色は変わる)。乾燥すると透明に成ります。光沢かサテン使上がり。
媒体タイプ 油性
引火点 25度C(Cペンスキーマーチン密閉式試験管)
VOC 発揮性有機化合物 100g・1リットル位下
重量(ガロン) 7.36ポンド(3.35kg)通気性無し
にじみ率
(1回のコーテイングに勧めるにじみ率)
液状態  0.06‐0.09 ミリメーター
乾燥状態 0.04‐0.053 ミリメーター
塗装範囲
1 ガロンの塗装範囲:400-­‐600 平方フィート(38‐55 平方メートル)
塗装範囲はその素材や、素材の性格により変わります。
下地処理
表面は必ずクリーンアップされており、湿気 13%以下の乾燥されたベストな状態で有 る事。油、塵、錆などは全て取り除いてください。既成の床などで油、グリースシミな どがしみ込んでいる状態の場合は、完全にそれらを除去し、洗浄してからコーテイング を塗ってください。特にシリコンシーラーなどが使われている場合はより丁寧に取り外 してください。
 コンクリートコートはシリコン、ポリマーを使用しているモルタルには付着しません。 以前にシーラーが使用されているか否かを見極めるには表面に水を撒くと水が浸透すれ ば、シーラーは使われていませんが、水が浸透しない場合は何らかのシーラーが使用さ れているので、そのシーラーを削除する事は必要条件です。市販されているクリーナー でシリコンなどは削除してください。
 シーラーが施されていない多孔性表面には、コーテイングを塗る前に SDS のクイ ックシーラーが必要です。SDS シーラーを使用しない場合は、シリコンを含まな いシーラーを使用する事。
塗料されている面
塗料されている全面を水か中性洗剤で洗浄してください。化学洗浄液は使用しないでく ださい。水で良く洗い流して完全に乾燥させる事。もし古いペンキが剥げていたり褪せ ていた場合は、新たにペンキを塗る必要が有ります。古いペンキの状態が良い場合は、 コーテイングを塗る前に#220 の紙やすりで軽く全体を擦りコーテイングが平均に付着 する様に準備してください。コンクリートコートはスプレーヤーで塗ってください。ロ ーラーやブラッシュはまだらに成る為使用しないでください。
塗料されていないコンクリート&煉瓦面
全面が完璧に清浄されていて乾燥している事。洗浄した後、表面が最低湿度 13%まで 乾燥させる事。クイック&エンハンスシーラーで表面を先にシールする(5 分以下で乾 燥する)コンクリート面がスムースの場合は#220 の紙やすりで前面を軽く擦りコーテ イングが平均に付着する様に準備してください。ポンプ式スプレーヤーで全面を平均にスプレーする。
試験結果
アメリカ材料試験協会(ASTM)D-­‐3363 薄膜硬度針 39.11 平均
アメリカ材料試験協会(ASTM)D-­‐2047 静摩擦係数 ADA 条件* E96-­‐10透湿度 平均 WVT0.8053gr/ft2/hr,平均パーム1.940gr/ft2/hr G155 キセノンアーク、波長 340nm 光輝 1.0w/m2500時間、微変化

*歩く表面に対しての静摩擦係数は其々のテストを行うことが必要です。

お気軽にお問合せください。 TEL 03 ( 3516 ) 1181 受付時間10:00〜17:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
seihinanzen
sds_tokucho
sds_seko
  • facebook
sds_america
PAGETOP
Copyright © SDS PRODUCTS JAPAN Co.,Ltd All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.